マリオン株式会社マリオン株式会社

メールにてお問い合わせ

  • 0120-980-322

マリオン事務所と足場資材置き場

本社
〒176-0002
東京都練馬区桜台6-17-24
TEL:03-5848-2098
埼玉営業所
〒351-0001
埼玉県朝霞市上内間木377-56
TEL:048-423-2906

建物を水から守る防水工事には、使用する材料や防水の種類・工法によってさまざまな特徴があります。

このコンテンツでは、建物の改修時におこなう防水工事についての工法についてご説明します。

1.改修防水工事の工法

1-1.「塗る」防水と「貼る」防水があります

「塗る」防水(塗膜防水)

液状の材料を練り合わせて防水面に塗っていくことで防水層を形成します。

一般的なものとして、ウレタン塗膜防水やFRP防水があります。

防水層の表面につなぎ目が無く、シームレスな防水をおこなうことができます。

「貼る」防水(シート防水)

筒状のシート建材を防水面に貼り合わせていくことで防水層を形成します。

一般的なものとして、塩ビシート、ゴムシート、アスファルトルーフィングなどがあります。

シートが重なる部分に、つなぎ目があります。

戻る

1-2.改修防水工事、3つの工法

防水工事を行う際の工法には、次の3つがあります。

撤去工法
下地に施されている防水層をすべて撤去し、新しい防水層をつくります
再生工法(かぶせ工法)
下地の防水層を生かします。不具合のある個所を補修し、その上に新しい防水層をつくります
再生工法(機械的固定工法)
再生工法のひとつで、防水シート建材を機械で固定する工法によって防水層をつくります

改修防水工事にあたっては、既存の防水層を生かせるのか撤去するのかによって、工事で選ぶことができる防水材の種類や施工方法が変わります。

工法 メリット デメリット 工事コスト 考察
撤去工法 メリット :
  • 既存の防水層を撤去することで、新規防水で選択することができる防水材と工法が幅広い
デメリット :
  • 撤去費と廃材処分費がかかるため、工事コストが高くなる
工事コスト :

考察 :

防水層を撤去する場合は、次の改修防水で下地の撤去が必要にならない「かぶせ工法」による防水を選定するのが良いでしょう。

再生工法(かぶせ工法) メリット :
  • 下地の撤去や廃材処分費がかからないため、そのぶん工事コストが安い
  • 改修防水作業中の漏水の危険度が極めて低い
デメリット :
  • 下地の防水材の種類に合わせた材料を選定しなければならないため、選択できる防水の種類が限られる
工事コスト :

考察 :

下地を撤去しないと不具合が起きてしまう場合を除いては、工事コストも安く、お勧めできる工法です。

再生工法(機械的固定工法) メリット :
  • かぶせ工法と同様に下地の撤去が要らず、工期も短い
  • 下地の防水層の種類を選ばずに工事ができる
デメリット :
  • 下地の防水層に穴を開けて防水するため、既存防水層の機能が失われる
  • 複雑な形状に適さない
工事コスト :

考察 :

基本的に下地を選ばずにおこなえる工法で、これからの改修防水工事の現場で多く起用されるでしょう。

戻る

1-3.密着工法と絶縁工法

上記『1-2.改修防水工事、3つの工法』によって選定した工法の中には、さらに「密着工法」と「絶縁工法」に分けられるものがあります。

密着工法

密着工法とは、防水材を防水面に対して直接塗布したり、糊を塗って貼る工法のことです。

下地との密着性に優れていて、工事のコストは下記でご説明する絶縁工法と比べて割安です。

絶縁工法

絶縁工法とは、下地と防水層との間に空気の層をつくる工法のことです。

絶縁工法によってつくられた空気層に脱気筒を取り付けることで、下地に残された湿気を外部に逃がすことができるため、湿気による防水層の膨れが起こりにくくなります。

また、下地の揺れなどによるひび割れなどの影響を受けにくいことも絶縁工法の特徴です。

工事コストは密着工法と比べ割高になります。

戻る

2.改修防水工事で使われる防水材と工法

次の表では、改修防水工事で用いられる防水材と工法についてご説明しています。

防水
形状
防水材の
種類
工法の種類 説明 期待耐用年数
塗膜
防水
(塗る
防水)
ウレタン
防水
密着工法
  • 撹拌して練り合わせた液状のウレタンを下地に塗布して防水層を形成する工法
  • 紫外線などから防水層を保護するため、仕上げにトップコートを塗布する
  • トップコートにフッ素を採用することで、耐用年数が延びる
10~13年
絶縁工法
(通期緩衝)
  • ウレタン防水材で形成した防水層と下地との間に通期緩衝マットを設置し、脱気筒を取り付けることで下地の湿気を逃がすことができる工法
  • トップコートにフッ素を採用することで、耐用年数が延びる
12~14年
ゴムアス
ファルト
防水
密着工法
  • ゴムアスファルトエマルションを専用硬化剤により反応硬化させた塗膜防水材と改質アスファルト系シートを組み合わせたゴムアスファルト系エマルション防水材によって、積層タイプの防水層を形成する工法
10~13年
アクリル
ゴム防水
密着工法
  • 撹拌して練り合わせた液状のアクリル樹脂などの高分子材料を下地に塗布して防水層を形成する工法
  • 防水層を保護するため、仕上げにトップコートを塗布する
10~12年
ポリマー
セメント
防水
密着工法
  • 無機粉体とエマルジョン樹脂を混合したものを下地に塗布して防水層を形成する工法
  • 防水層を保護するため、仕上げにトップコートを塗布する
9~11年
シート
防水
(貼る
防水)
塩ビシー
ト防水
密着工法
  • 原料の塩化ビニル樹脂に可塑剤を添加したシートを接着剤で下地に直接貼りつける工法
13~15年
絶縁工法
(機械的
固定)
  • 塩化ビニル樹脂系シートを機械を使って下地に固定する工法
  • 絶縁工法により下地との間に空気層ができる
13~15年
ゴムシー
ト防水
密着工法
  • 加硫ゴムシートと下地に接着剤を塗り、貼り合わせて防水層を形成する工法
  • 防水シートを保護するため、トップコートを塗布する
10~13年
改質アス
ファルト
防水
常温自着工法
  • ルーフィングの裏面に改質アスファルト系の自着層を設け、剥離紙を剥いで下地に貼りつけていく工法
13~15年
トーチ工法
  • 改質アスファルトと合成繊維不織布を合わせたルーフィングをトーチバーナーで熱融着して防水層を形成する工法
13~15年

戻る

この記事を読まれた方におすすめの防水工事に関連する記事