マリオン株式会社マリオン株式会社

メールにてお問い合わせ

  • 0120-980-322

マリオン事務所と足場資材置き場

本社
〒176-0002
東京都練馬区桜台6-17-24
TEL:03-5848-2098
埼玉営業所
〒351-0001
埼玉県朝霞市上内間木377-56
TEL:048-423-2906

建物を長い期間にわたって維持していく上でパッと頭に思い浮かぶ修繕工事は?と尋ねると、外壁の塗装工事や雨漏り対策としておこなう防水工事という答えが多く挙げられます。

修繕工事で最初に着手するのが、建物を取り囲むようにして組まれる足場の設置。
作業者は、組みあがった足場の上を自在に歩きわたりながら工事を進めていきます。

このコンテンツでは「外壁に足場をかけておこなわれる修繕工事」について、工事が始まる前にぜひ知っておきたいこと3つをご紹介します。
この3つを事前に知って効率的・計画的に修繕工事を進めることで、ムダな出費や仕上がり後の結果に対する不満を減らすことができます。

1.外壁を塗装するより前にやっておく大切な工事

1-1.室内への雨漏りを防ぐシーリング

マンションや商業ビル・アパートなどの外壁を塗装するときに忘れてはいけないのが、外壁の窓や換気口などのまわりに充填されているシーリング材の存在です。
シーリング材とは、ゴムのような弾力性のある素材で、窓や換気口などと建物との隙間から水が入りこまないようにするために使われています。

シーリング材は塗装の材料と比べて寿命が短く、傷んで破断してしまうとその切れ目から雨漏りにつながる恐れがあります。

シーリング材
窓まわりなどに使われているゴムのような素材
シーリング材の寿命
塗装材と比べて短い
シーリングが破断すると?
雨漏りにつながる可能性あり

せっかく足場を組んで外壁塗装をしたのに、シーリング工事をしなかったことで後日、窓まわりから水が漏れてしまったなどということが無いよう、外壁の修繕工事のときにはシーリングの劣化状況などを工事業者のひとにしっかりと見てもらいましょう。

1-2.コンクリート片の落下や雨漏りに備えた下地補修

建物は築年数が経過すると、外壁に使われているモルタルやコンクリートにひび割れが起こってきます。
特に日本では頻繁に地震が起こるため、地震の揺れによる衝撃が集中する部分にクラック(ひび割れ)が入っている建物はめずらしくありません。

こうした外壁のひび割れを放置しておくと、外壁のモルタルやコンクリートが剥がれ落ちてしまったり、ひび割れ部分から侵入した雨水が室内にまわりこんでしまう可能性があります。

外壁モルタルやコンクリート
劣化や地震によってクラック(ひび割れ)が起きる
ひび割れを放置すると?
外壁の剥落や雨漏りにつながる可能性あり

こうしたことが起こらないよう、外壁に足場を組んだときには建物下地の補修工事をあわせて検討しておく必要があります。

1-3.「やり残した工事」が無いように

上でご説明したシーリング工事・下地補修工事は、建物の見栄えに直結する工事ではないので、ついつい、おろそかにしてしまいがちです。

外壁のひび割れも、上から塗装してしまうと実際のところ遠目にはあまりよく分かりません。
しかし、どちらの工事も、やらずに放っておくと雨漏りにつながってしまう危険があります。

また、建物を健康な状態で長持ちさせるためにはシーリング工事・下地補修工事といったメンテナンスをしてあげることは大切です。

新しく交換されたシーリング材と補修された建物の外壁を「今後、長い期間にわたって保護していくためのお化粧」として外壁塗装ができるように、修繕工事ではこれらの工事が今回必要かどうかをしっかりと判断しておこないましょう。

やり残し工事をつくらない
外壁に足場を組んだときにできる工事「シーリング」「下地補修」「塗装」をセットで考える
外壁塗装
シーリングと下地補修した建物を保護していくためのお化粧

戻る

2.タイルの外壁を修繕するときに事前に確認しておくこと

2-1.タイル工事の種類

外壁がタイルで仕上がっている建物についての修繕工事は、外壁塗装の場合と同様に足場を組んでおこなうことが一般的です。

しかし、外壁タイルは外壁塗装とは修繕の方法が異なります。
外壁タイル工事には、ひび割れてしまったタイルや浮き(建物下地とタイルとのあいだにできてしまった隙間)によって落ちそうなタイルの張替えがあります。

また、浮き部分に専用の樹脂を注入して隙間を埋める工事や、タイルとタイルのあいだにある目地の補修、タイルと目地に対して薬品を使って洗浄する工事があります。

タイル工事の種類

張替え
ひび割れタイル、浮きの激しいタイル
樹脂の注入
浮きのあるタイル
薬品洗浄
タイルと目地をきれいにする

2-2.タイルの張替えで注意すること

タイル張替えで注意する点は「施工後の美観性」です。
タイルを張替えてもらったところ、張替えた部分のタイルの色が周囲のタイルの色と似ていないために補修跡がくっきりと残ってしまうケースはよくあります。

張替えに使うタイルは、

  • 既製品のタイルで似ている色のものの中から選ぶ
  • タイル加工業者に頼んでタイルをつくってもらう
  • 新築時に余分につくって保管していたタイルを使う
  • タイルを塗装して周りのタイルの色と合わせる

いくつかの選択肢がありますので、工事前にしっかりと打ち合わせしておくことが望まれます。

施工後の美観性を損ねないようにタイル色を確認する

2-3.タイルの洗浄で注意すること

外壁タイルや目地は、排気ガスや雨水による水垢などによって時間が経つにつれて汚れていきます。
高圧の水をかけて洗うことで、ある程度まで汚れは落ちますが、薬品を使って洗浄すると新築時の外観のようなきれいな仕上がりになります。

タイルの薬品洗浄で気をつける点は「薬品の種類」です。
タイル洗浄に用いる薬品には酸性・中性などの成分をはじめ多くの種類があります。
著しく汚れているタイルに対しては酸性の薬品を使うこともありますが、事前にしっかりとした対策をとらずに作業をおこなうと、建物の周囲にある植木や花壇内の植物を枯らしてしまったりする可能性があります。
薬品洗浄工事をおこなうときには、念のため薬品の種類についても確認しておきたいところです。

薬品の種類と周囲への影響を確認する

戻る

3.外壁工事と一緒にやったほうがよい防水工事、やらなくてもよい防水工事

3-1.防水工事の施工箇所

防水工事の施工箇所には、屋上やバルコニー・庇(ひさし)・外の階段・通路などがあります。
屋上やバルコニーに対しては主に床面に対する防水処理を、階段や通路に対しては長尺シートを貼って防水性と美観性を高めます。

防水工事の施工箇所
屋上、バルコニー、庇(ひさし)、外階段、通路など
防水工事の方法
床面に対する防水材の塗布、長尺シート貼り

これらの防水工事はどのタイミングでおこなうのが望ましいのでしょうか?

3-2.早すぎる防水工事は修繕コストのムダにつながってしまう

防水工事をおこなうタイミングは「外壁工事」と同時である必要はありません。
「今、まさに屋上が原因で雨漏りしている」といった緊急性のある場合を除いて、早すぎる防水工事は修繕コストをムダにかけてしまうことになります。

  • 防水層が現在どの程度まで劣化しているのか
  • 外壁工事と一緒に防水工事をおこなう必要性があるのか

しっかりと診断してもらい、適切な時期についての見解を入手しましょう。

3-3.「外壁」ではなく「足場」で考える

外壁の修繕工事は一般的に足場が必要です。
足場の組み立てと解体にはそれなりの費用が発生してしまうため、足場を組んだときにしかできない防水工事については一緒にやることを検討してみると良いのではないでしょうか。

具体的には、バルコニー床や各窓の庇については外壁工事と一緒におこない、屋上や外階段、通路については足場が無いとむずかしい場合を除いて、適切なタイミングにあわせておこなえるよう計画しましょう。

足場と一緒におこなう防水
バルコニー床、各窓の庇など
足場と切り離して考える防水
屋上、外階段、通路など

戻る

この記事を読まれた方におすすめの外壁塗装工事に関連する記事