マリオン株式会社マリオン株式会社

メールにてお問い合わせ

  • 0120-980-322

マリオン事務所と足場資材置き場

本社
〒176-0002
東京都練馬区桜台6-17-24
TEL:03-5848-2098
埼玉営業所
〒351-0001
埼玉県朝霞市上内間木377-56
TEL:048-423-2906

外壁塗装工事とは

下地補修工事とシーリング工事を行った後、建物外壁の塗装を行う工事です。

外壁塗装の目的と使用する材料の選定

外壁の塗装には大きく分けて2つの目的があります。
1つは建物躯体を保護する目的、もう1つは美装という目的をもって外壁を塗装します。

外壁の塗装は、外壁の種類によって工法が異なり、また、選定する材料によって外壁の耐久力や工事金額も大きく変わってきます。
使用する塗料は、シーリング材や防水層の耐久力に合わせた選定が必要で、仕上げに使う塗装材はアクリル塗料・ウレタン塗料・シリコン塗料・フッ素塗料がありますが、これらの塗料について日本の3大メーカーだけで数百種類の商品が発売されています。

近年では、セルフクリーニング機能を持つ光触媒塗料や、塗ることで太陽光を遮熱させる機能を持つ断熱塗料など、付加価値のある塗料も開発されていて、材料の選定には知識と現場での経験が重要となっています。

外壁の種類と塗装材の種類

一般的な塗装外壁

外壁塗装は一般的に下塗り、中塗り、上塗りと3回塗ることで仕上げます。
下地の状態や直射日光によって劣化が早く予想される部分に対しては4回、5回塗りを行い、規定の厚みの塗膜を塗り重ねていくことで良好な塗膜を確保します。

  1. 下塗り
  2. 中塗り
  3. 上塗り

打ち放しコンクリート外壁

打ち放しコンクリートに一般外壁材で塗装をすることもできますが、コンクリート打ち放し独特の表情を残すために6工程の特殊な塗装工法で施工することで、新築時の打ち放しコンクリートを再現します。

  1. 既存コンクリート打放し外壁
  2. 下地処理
  3. シーラー塗布
  4. 仕上げ材1回目塗布
  5. FCコート塗布
  6. 色班パターン付
  7. 仕上げ材2回目塗布
  8. コンクリート打放し塗装完了

タイル外壁

外壁タイルと目地を保護するため、外壁の雨だれなどの汚れを薬品を使って洗浄した後に、艶あり塗料で下塗りクリアーコーティングを行い、艶消し塗料で上塗りコーティングします。
※艶は選ぶことが可能です

もっと詳しく知りたい方へ

外壁塗装工事について、知っておきたいポイントをご紹介します。

取扱工事